超絶プロフェッショナルな医療事務

超絶プロフェッショナルな医療事務

私の働いている病院には超絶プロフェッショナルな医療事務の人が居ます。
その人は凄く毎日張り切って仕事をしていてまるで超人のように仕事をこなしています。
頭のなかにコンピュータが入っているかのようにスピーディーに計算をしています。

 

医療事務の資格といえば、メディカルクラークとか診療報酬点数計算の資格がありますが、
最難関しかくを簡単に合格してました。こんな頭のいい人がなぜ医療事務の地位にあまんじて
いるのかわかりません。あえて医療事務をやっているとしか思えないのです。

 

彼女に医者になったほうがいいんじゃないといっても私はそんな器じゃないですからと
謙遜しています。そこらへんお医者なんかよりよっぽど地頭はいいんじゃないかと思うのです。
おそらくこれは予想ですが私が思うに彼女の実家は貧乏で学費が払えないのではないかと推測します。
そして、家にお金を入れるためすぐに働ける医療事務に就職したのでしょうね。

 

悲しいけどこれが現実でしょう。決して能力が優先されるわけじゃありません。
親が貧乏なばかりに優秀うな才能が埋もれてしまっているのです。
よく医療事務は底辺だと馬鹿にする人がいますが、彼女と勝負してみてもその言葉ガ出せるのか
見ものです。うちの病院に着て彼女と頭の良さを比べてみてもらいたいですね。

 

債務整理 費用