心理カウンセリングは何にでも役立つ

心理カウンセリングは何にでも役立つ

心理カウンセラーとして一流になるためには色々な技術を学ぶことが必要になってきますが、
そこで身につけたコミュニケーションの技術カウンセリング能力はいろんなことに役に立ちます。
心理カウンセリングそのものだけに役立つわけではなく汎用的に使える能力なのです。

 

例えば、カウンセリング技術は子育てなどで子どもと対話するときに役立ちます。
子供がなにか悪いことをしてしまった時頭ごなしに叱るだけでは子供はなんで怒られているのか
分からなし、ただ怖いとか嫌な思い出だけが残って反省はしなかったりします。

 

それでは教育にならないのでカウンセリングスキルを利用して相手を説得するのではなくて、
気付きを与えて成長を促すことが出来るのです。

 

それからビジネスマンにとっては営業活動で役立つことでしょう。
物を売るためには見込み客の反応をしっかりと見極めながら次の行動を促さなければなりません。
営業は何をしゃべるかが重要ではなく見込み客に何を言わせるのかが重要なのです。
カウンセリングスキルを高めることで顧客の悩みを浮き彫りにしてそれを解決する手段として
商品を提示すればおのずと売れることでしょう。

 

そんな感じで心理カウンセラーになるために身につける技術でいろいろな職業にも役立てられるので、
気になる人は勉強してみてはどうでしょう?