自己破産のペナルティ

自己破産のペナルティ

さんざん借金を重ねて自己破産をする人が後を断ちません。起業に失敗して多額の債務を背負う人。
ギャンブルに熱中しすぎて負けが込んでしまう人。浪費癖があってついつい贅沢してしまう人。
リストラや給料カットで不況の影響をもろに受けて生活が圧迫されてしまった人。
などなど色々な理由がるでしょう。

 

自己破産の場合、任意整理と違って裁判所の免責を受ける必要があります。その時にギャンブルや浪費で
散財などしていると免責がおりない可能性も高いです。しかし、事業の失敗や生活費のためといった
正当な理由の場合なら免責される可能性も少なくありません。

 

そうなればあなたの負担は激減して心理的にも解放されるでしょう。
そのときのホッとした感覚はいままでに味わったことのないような「ホッ」でしょうね。

 

しかし、自己破産にはペナルティが存在します。それの中で一番大きいのが7年間
お金を借りれないというものです。クレカも使えないのでかなり不便になるでしょうね。
それからこれは本人のペナルティではありませんが、債務の責任が連帯保証人に及ぶことになります。
なので、自分だけ逃げた形になるので、保証人から恨まれるのは間違いありませんね。

 

借金 結婚