医療事務と医者のコミュニケーション

医療事務と医者のコミュニケーション

医療事務は医者としっかりコミュニケーションを取って円滑に業務をススメなくてはいけません。
最近では医療事務の現場に診療報酬請求事務の計算システムが導入されて医療事務の専門性が
低下してきました。

 

それなのでより医者や看護師、その他医療従事者たちとのコミュニケーション能力を求められるように
なりました。コミュニケーションに難があってはスムーズに仕事を進めることができません。
医療事務は患者さんだけではなく医師や看護師はもちろん同僚ともしっかり連携を取らなければ
いけません。そして残業なども忙しい時期には嫌な顔をしないでやる必要があります。

 

中には残業が嫌な女性もいるでしょう。子供や家庭を優先させなければいけない事情もあると思いますが、
仕事中はなか中口にできないので悩ましいですね。同バランスをとって働いていくのかは
家庭をもって働いているママたちの間でも最重要課題の一つですね。

 

医者はいい人もいますが、高飛車な嫌な医者も沢山居ます。社会人経験を積んでいないので、
まるで自分が王様のように振る舞う態度の悪いとのさま商売をしている医者も少なくありません。

 

最近では医療もサービス業のように言われているので流石に患者に対して傲慢な人は減りましたが、
病院内で傲慢な人はまだまだ少なくない印象ですね。