カウンセラーはお金のためじゃなく世のため人のため

カウンセラーはお金のためじゃなく世のため人のため

世の中には夜のため人のため働きたいと言っている人は沢山いますね。
我々心理カウンセラー業界でもそのような事を口にだしている人はたくさんいます。

 

私が心理カウンセラーになったのは決してお金のためじゃありません。
相談者と対話を繰り返すことで自己成長と人の役に立つことで社会貢献をしたいなどと
優等生的な発言をしていて心底そう思い込んでいたりします。

 

しかし人間ですもの、食べていかなければいけません。
食べるだけなら最低賃金があれば日本で飢えることはないでしょう。
しかし欲望というものは際限なく生まれてくるものです。

 

特に一般の人と劣った生活水準で過ごしていればなんとか普通くらいにはなりたいと考えます。
それもまた欲望の一種なのです。

 

確かに世のため人のためを考えるのは素晴らしいことです。
しかしカウンセラーというお仕事を続けていくには自分はしかりと稼がなくてはいけません。
そのためにはしっかり集客の仕組みをつくらなければいけませんね。

 

それは口コミの紹介でもいいですし、ウェブを使ったマーケティングでいいでしょう。
継続して社会貢献をするには自分がまず満足する立場になってしっかり収入を得る必要があります。
けっして簡単なことではありませんが、目指してみるのもいいですね。